美容

若さは誰もが手放したくない

アンチエイジングは若さを失わないための対策です。世の中で認知されている美魔女という言葉が代表されるように、女性にとってのアンチエイジングといえば美容などが気になる対象ですが、老眼、難聴、内臓の老化なども関係しています。先日、アンチエイジングに関する面白い番組をしていました。いくら時代が経とうと若さへの憧れは変わらないものだと感じました。豊臣秀吉、始皇帝、西太后などアンチエイジングに取り付かれていた歴史上の人物が挙げられていました。豊臣秀吉は武将達に虎狩りさせて虎の肉を食べていたそうです。西太后に至っては1日に1千万をかけていたと言います。世界各地から美容に良い最高級の物を取り寄せ、肌に艶を与えるためには真珠の粉末、高麗人参を飲んでいたそうです。今では珍しくない美顔ローラーを水晶やメノウを作り、時間があればマッサージしていたと聞き驚きました。やはり財力がなければと感じたのは、現代人も同じだったからです。真皮線維芽細胞補充療法という若い頃の細胞を冷凍保存し、衰えを感じた時に移植する方法を知ったからです。庶民には難しい話で、細胞を取るだけで40万円、保存が1年10万円などかかるそうです。そんな話を他人事のように聞いている私がしていること言えば、ポリフェノールが含まれていて抗酸化作用があるりんごを毎日食べる事です。ヨーグルトと未来食といわれるミドリムシの緑汁をふりかけ一緒に食べています。番組を見ながら、これからの老化は方法次第によって差がつく時代に入ったんだと感じました。

若さは誰もが手放したくない

アンチエイジングは若さを失わないための対策です。世の中で認知されている美魔女という言葉が代表されるように、女性にとってのアンチエイジングといえば美容などが気になる対象ですが、老眼、難聴、内臓の老化なども関係しています。先日、アンチエイジングに関する面白い番組をしていました。いくら時代が経とうと若さへの憧れは変わらないものだと感じました。豊臣秀吉、始皇帝、西太后などアンチエイジングに取り付かれ…

More Details

ARTICLE LIST

TOP